保育士から園長は目指せる!ブランクがあっても応募しやすい求人

ブランクのある保育士の採用について

保育士はブランクがあっても積極的に採用される職種です。特に都会では保育士の数が足りないのでその傾向は顕著です。

保育士として復職する時に知っておきたいこと

ウーマン

売り手市場なので妥協しなくてよし

園長や保育士の求人は完全に売り手市場となっていますので、希望の条件がクリアしやすいのである程度までは妥協する必要ありません。

年齢は気にする必要なし

保育士の復職は資格さえあれば年齢は基本的に気にする必要ありません。50代からでも十分求人は見つかります。

不安なら専門のセミナーを受講する

保育士復職セミナーというものがありますので、ブランクがあって不安があるという人はセミナーを受けて不安を解消するのも手です。

保育士から園長は目指せる!ブランクがあっても応募しやすい求人

履歴書

多くの保育士が抱える悩みとその解決法

保育士の離職するタイミングは結婚や出産というタイミングが多いです。各自治体において未就学児をもつ潜在保育士の再就職支援事業というものが行われています。一定期間以上勤務したら返済免除などもありますので、家庭においてもメリットが大きいです。

子供

園長を目指す際に持っておきたいスキル

将来的に園長を目指す際に持っておきたいスキルですが、公立の場合は地方公務員になるので公務員試験に合格する必要があります。
私立の場合は資格は不要ですが、園長は経営者になりますので経営者としてコミュニケーション能力やトラブルへの対処などのスキルが必要です。

保育士免許を活かすことが出来る職場(職業)ランキング

男の人と女の人
no.1

1位「企業の保育所」

企業の中には自社社員向けの保育所を設置しているケースがありますので、そういった保育所で働くことも出来ます。

no.2

2位「ベビーシッター」

依頼者の家などで保育を行うベビーシッターは保育資格を活かして働くことができます。

no.3

3位「病棟・医療保育」

医療機関に入院している子供を相手に保育をします。病気の子供に遊びやコミュニケーションを提供出来ます。

no.4

4位「商業施設の保育所」

ショッピングモールやテーマパークの中には迷子向けの保育所などが設置されていますので、そういったところで働けます。

no.5

5位「産婦人科や助産院」

子供がこれから生まれる方や兄弟の相手など様々な相手を対象にしたサービスを担当します。

広告募集中